カリキュラム・履修要項

前のページに戻る

理学部のカリキュラム

カリキュラムの特徴

履修する科目

【基盤教育科目】

自然、社会、人間についての理解と洞察力を養います。国際化、情報化社会で活躍できる語学力と情報処理能力を身につけます。

【専門科目】

基礎科目:高等学校の理科および数学の学習内容と大学での専門とをつなぐとともに、理学の幅広い知識を身につけます。高校での履修状況に応じた習熟度別授業が組まれています。

標準科目:コースの基本知識を修得します。理学各分野の標準的専門科目です。

発展科目:コースの専門性の高い科目です。また、先端科学にふれる連携科目もあります。

科目履修の学年進行

カリキュラム・履修要項

入学者選抜試験の出願時にコースの選択をします。詳しい入学者選抜方法については、こちらなどをご覧ください

履修要項

履修要項(平成29年度入学者用)

履修要項(平成28年度入学者用)

履修要項(平成27年度入学者用)

履修要項(平成26年度入学者用)

履修要項(平成25年度入学者用)

履修要項(平成24年度入学者用)

履修要項(平成23年度入学者用)

履修要項(平成22年度入学者用)

履修要項(平成17~21年度入学者用)

主要な履修科目一覧

基盤教育科目

入門科目(大学入門ゼミ、茨城学)、共通基礎科目(プラクティカル・イングリッシュ、情報リテラシーなど)、リベラルアーツ科目(異文化コミュニケーション、グローバル化と人間社会、ライフデザインなど)

専門科目

【基礎科目】

基礎微積分、基礎行列代数、微積分、行列代数、情報基礎、統計入門、基礎物理学、基礎化学、基礎生物学、基礎地球惑星科学、物理学、生物学通論、科学と倫理、
一般物理実験、一般化学実験、一般生物実験、一般地学実験、基礎化学実験

コース名 主な標準科目 主な発展科目
数学・情報数理
コース
集合入門、線型代数、離散数学、ベクトル解析、複素級数、複素解析、応用解析、数学基礎演習、離散数学演習、プログラミング入門、プログラミング演習 実数論、位相空間、幾何学、群論、代数学、測度と確率、関数解析、情報システム入門、アルゴリズム論、シミュレーション入門、ネットワーク概論、マルチメデイア表現入門、データ解析概論、考究
物理学コース 電磁気学、解析力学、熱統計力学、量子力学、物理数学、物理学演習、物理学ゼミナール、物理学実験 相対性理論、素粒子物理入門、物性物理の基礎、宇宙物理学、宇宙物質学、課題別物理実験、計算物理演習
化学コース 無機化学、有機化学、分析化学、物理化学、生化学、無機化学演習実験、有機化学演習実験、分析化学演習実験、物理化学演習実験、生物化学演習実験 機能性有機分子、高分子化学、生物物理化学、化学セミナー、化学演習、アドバンスト化学演習
生物科学コース 動物生理学、細胞生物学、遺伝学、分類学、分子生物学、生態学、発生生物学、放射線生物学、陸水生物学、生物学基礎実験、生理・生化学実験、分子生物学実験、細胞・発生生物学実験、生態学実験、分類学実験、陸水環境科学実習、生物科学野外実習
地球環境科学
コース
地球環境科学入門、大気環境の科学、惑星物質科学、地層学、固体地球物理学、岩石学入門、地質調査基礎演習、地質学実験、地球物理学実験Ⅰ 堆積環境論、火山環境学、地質環境学概論、マグマの岩石学、構造地質学、古生態学、古海洋学、鉱物学入門、地震学、岩石鉱物学実験、地球物理学実験Ⅱ、太陽惑星圏科学、地質調査発展演習
学際理学コース 上記の他コースの標準科目の中から主及び副分野に関わるものを受講します 上記の他コースの発展科目の中から主及び副分野に関わるものを受講します