学部長あいさつ

前のページに戻る

高校生の皆さんへ

学部長

理学部とは、どのような学問を修得するところでしょうか。理学の「理」は真理、原理、理論の「理」であり、理解、推理の「理」です。すなわち、理学は自然科学に関する真理、原理理論を論理的かつ合理的に理解することをめざしています。理学を構成している学問分野である数学・情報数理、物理学、化学、生物科学、地球環境科学は、高等学校の数学、理科の教科・科目とまさに一致していますので、皆さんには十分に馴染みがあると思います。

皆さんは今まで、小学校、中学校、高等学校と学んできましたが、大学での学びはこれまでとは大きく違います。大学では、勉強するではなく学ぶ(学修)ことになります。大学には文部科学省が検定した教科書はありません。学校では基本的に同じ教室で授業を受けますが、大学にはいつも居ることのできる教室も自分専用の机もありません。講義を受けて得られる「座学知」と、演習、実験、実習などを通して修得する「実践知」をバランスよく組み合わせて、皆さん一人一人が知的好奇心と探究心をもって学ぶことがとても重要になります。

大学あるいは大学院を修了して、皆さんは社会に出ていくことになります。社会では、いろいろな力が必要になります。課題解決力、情報収集力、コミュニケーション力、プレゼンテーション力などをしっかりと身につけて、主体的に学び、考え、そして行動できる人材となり、社会で大いに活躍できるように、教職員が一丸となって教育と研究に取り組んでいます。

茨城県には、世界トップクラスの研究機関や先端産業が数多く集まっています。自然環境にも恵まれ、工業だけでなく農業や漁業もとても盛んです。そのような利点を活かして、地域の研究機関等と連携して教育・研究を推進しているのも大きな特徴です。茨城大学理学部では、皆さんの主体的な学びを全面的にサポートする体制を整えています。どんな状況にも対応できる論理的で創造的な思考力を修得して、世界で通用する人材を数多く輩出したいと強く願っています。



理学部長    折  山      剛