• お知らせ
  • 理工学研究科(理学野)金川和弘研究員・百瀬宗武教授が日本天文学会欧文研究報告論文賞を受賞

理工学研究科(理学野)金川和弘研究員・百瀬宗武教授が日本天文学会欧文研究報告論文賞を受賞

前のページに戻る

大学院理工学研究科の金川和弘研究員、百瀬宗武教授等が、「Mass constraint for a planet in a protoplanetary disk from the gap width」という論文により、日本天文学会欧文研究報告論文賞を受賞しました。

この研究では、ALMA 長基線科学試験観測によって発見された HL Tau 周囲の原始惑星系円盤におけるリング・ギャップ構造について、ギャップに存在する可能性がある惑星の質量を推定しました。推定に際しては、同じ主著者が世界に先駆けて提唱した、惑星重力によって形成されたギャップの深さのモデルを適用しました。これは、ALMA による系外惑星の形成現場の観測可能性も示すものであり、そうした点が高く評価されました。

詳しくはここをクリックするとリンク先へとびます。

  • 入試情報
  • 来学する際のお願い
  • 茨城大学
  • 茨城大学理工学研究科
  • 5大学理学部単位互換制度
  • 外部評価
  • 大学案内パンフレット
  • 理学部案内パンフレット
  • 研究トピックス